相手を尊重すること、相手の良いところを認めることの大切さ

信頼関係ができていないうちに、
あれこれ指導や教育、指示をしても、
相手はこちらの意図を組んでくれません。

信頼関係を築くために、
相手を尊重すること、相手の良いところを認めること
がとても大切です。

例えば、部活動で行き過ぎた指導が問題になることがあります。
レスリングやアメフトなど、世間を騒がせたニュースもあります。

少々厳しくても良いという人もいますし、
力づくで指導するのはおかしいという人もいます。

どちらも正しいと考えています。

信頼関係があれば、
厳しくても力づくでも、
相手はその指導の意味を理解します。

信頼関係がないから、
指導の意味が相手に伝わらないのです。

信頼関係が出来ていないうちに
仲がこじれるとなかなか修復できませんが、
信頼関係が出来上がってからなら
ケンカをしても関係を修復できると思います。

まずは「信頼関係を築くこと」に注力しましょう。
相手を尊重して、相手の良いところを認めることから始めましょう。

 

会社でも学校でも家庭でも同じことです。

「言うことを聞け!」というのは信頼関係が出来てからですよ。

信頼関係があれば、もう少し違う言葉遣いになるかもしれませんが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください