相手に信じてほしいなら、自分から相手を信じる

子どもたちは、自分で感じて自分で考えている様子です

私は小学校を中心に、
影絵人形劇の公演を行っています。
子どもたち、先生方、親御様方と
信頼関係を築くことは大切です。
信頼関係を築く前に
安心感を抱いてもらうことは大切です。
信頼関係を築くために、
安心感を抱いてもらうために、
気を付けていることがあります。

それは、
「相手のことを信じて嘘をつかない」
ということです。

相手に嘘をついてほしくないなら
自分が嘘をつかない。
相手に信じてほしいなら、
自分から相手のことを信じる。

とてもシンプルな考え方です。

相手が嘘をつかないから、
自分も嘘をつかない、とか
相手が信じてくれたら、
自分も信じる、とか
このような考え方では
自分の意思がありません。
常に受け身になってしまいます。

自分で感じ、自分で考え、
自分で行動することが大切だと
私は考えています。

主体的に行動することが大切だと
私は考えています。

なぜなら、
主体的に行動したほうが
後悔が少なくなりますから。

他人に言われて上手くいかないと
他人のせいにしてしまう
恐れがあります。

誰もが
後悔が少ないほうが良いでしょう。

とてもシンプルな考え方です。

こんなことを考えながら、
影絵劇団「打ち出の小づち」
の活動を今後も行っていきます。

 

↓ご興味のある方は、
「いいね」をしてね↓

※影絵劇団「打ち出の小づち」Facebookページ

小規模の(児童数150名以下)
小学校や保育園などで
影絵人形劇の出張公演を
承ります。

(150人を超える場合は、
2ステージ開催がオススメ)

お気軽に
お問い合わせくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください