視野を広げるために必要なこと

視野は広くありたいものですが、人は視野が狭くなりがちです。

視野を広げるために必要なことを考えてみました。

先入観・固定観念を疑う(場合によっては捨てる)

視野は広くありたいものです。
視野が広いと、ちょっとした変化に気づく、
アイデアをたくさん出す、気持ちに余裕を持つ
などができるようになるでしょう。

しかし、人は視野が狭くなりがちです。
問題に遭遇したとき、変化に気づけない、
アイデアが出てこない、気持ちに余裕を持てない、
こんな状況に陥ることもあります。

なぜ、このような状況に陥るのでしょうか。

大きな要因は、先入観・固定観念を信じているから、
だと考えられます。
「これはこういうものだ」というイメージが凝り固まっているから、
視野を広げることができないのです。

先入観・固定観念を疑う(捨てる)ことは
なかなか難しいと思いますので、
日頃から少し先入観・固定観念を疑う(捨てる)練習を
してみてはいかがでしょうか。

今まで当たり前と思っていることを考え直す

例えば、「〇〇だからこうしなければいけない」
というイメージを疑ってみる(捨ててみる)のです。
大人だから、子どもだから、先生だから、生徒だから、
上司だから、部下だから、年上だから、年下だから・・・
などという自分のイメージってありませんか。
周りの人がやっているから・・・という理由で意思決定していませんか。
今まで当たり前と思っていることをたまには考え直してみることをオススメします。

大人だから、先生だから、上司だから、年上だから、
偉そうにしていいの?
などと疑問が出てくることでしょう。

先入観・固定観念を疑う(捨てる)ことも時には重要なのです。

影絵に対する先入観・固定観念

影絵と言えば、手影絵をイメージする方が多いのでしょうか。

私たちは、人形を使います。
影絵人形に対して、どんなイメージを持ちますか?

影絵に対するイメージが少し変わるかもしれません。

こんな影絵劇にご興味のある方は、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください