誰もが夢を持ち、誰もが夢を応援する社会を目指して

影絵師として活動している理由についてです。

夢を持ち続ける大人になるために

子どもたちに「夢は何?」と尋ねると、
答える子が多いでしょう。

しかし、大人に「夢は何?」と尋ねても、
答えられないことが多いと感じます。

夢を大々的に語る人は少ないです。
夢を語るときに
人の顔色をうかがう人もいるのではないでしょうか。

周りの反応が気になるものです。

子どもたちは
周りの反応を気にしない場合が多いので、
夢を話せるのでしょう。

大人も夢を語ってもいいと思いますが、
私も周りの目を気にしてしまいます。

「どんなふうに思うかな」
「バカにされるのではないか」
「嫌われるのではないか」
などと考えてしまいます。

どんなふうに思われてもいい、
バカにされてもいい、
嫌われてもいい、

全員に好かれなくてもいいのに。

志を持ちやすく育みやすい社会へ

大人でも日常的に夢を語れて、
夢を応援し合える社会って素敵だと考えています。

そのために影絵師として活動しています。

まずは、子どもたちやその親御さんに
「夢を持つことの大切さ」を伝えられたら、と。

影絵劇は、自分で感じ自分で考える力を養う!?

私たちは、参加・体験型の影絵劇を行っています。
観客の皆さまに影絵人形を動かしていただくシーンがあります。
実際に影絵人形を見て、触って、動かすと、
自分で感じ自分で考えるきっかけになることでしょう。

こんな影絵劇にご興味がございましたら、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください