影絵劇を楽しむためには、心のゆとりが大切

影絵を楽しむために大切なことについて書きます。

現代は、分かりやすく直接的なことが求められる

パソコンやスマホ、タブレットが普及している昨今、分かりやすく直接的に伝えることが求められています。分かりやすく直接的な情報を入手することに慣れています。ビジネスでも家庭でも、分かりやすく直接的に伝えることは大切です。分かりにくいと真意が伝わらなかったり、誤解を生んだりしますものね。

直接モノが見えない影絵

影絵は時代に逆行していると言えるかもしれません。影絵は「影」のみで表現します。人形や手を見せません。直接モノが見えません。

しかしこんな時代だからこそ影絵は大切だと考えています。分かりやすく直接的な情報に慣れてしまっていると、自分で感じ、自分で考えることを怠る危険性もあるからです。

影絵を楽しむためには、心のゆとりを大切に

影絵のような「分かりやすくはない、直接的ではない」ものを楽しむためには、心のゆとりが大切です。

「分かりにくいから」という理由で拒んでいることってありませんか?例えば、人間関係やコミュニケーションです。他人の感じていること、考えていることは分かりません。分からなくて当たり前です。それを無理にはっきりさせようとしたり、すぐに嫌いになっていても仕方がないのです。

このように、分かりやすくはない、直接的ではない影絵を楽しむには、心のゆとりが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です