影絵劇で大切な3つの心

私は影絵劇に携わってきて、影絵劇には3つの心「絵心」「芝居心」「遊び心」が大切だということに気づきました。この3つの心について記していきます。

影絵劇で大切な3つの心

①絵心

「私は絵心がないから…」などと思ったことのある方も多いことでしょう。「絵心」とは、絵が上手か下手かということではありません。絵を描こう、絵を楽しもうという気持ちがあれば、「絵心」はあるのです。

ということは、「絵心」とは人それぞれ違うものなのです。否定するものでもありませんし、他人と比べるものでもありません。個性なのです。

まずは、絵を描こう、絵を楽しもうという気持ちを持つことが大事なのです。

②芝居心

影絵劇では、人形や手の影を映し、影で芝居をします。「芝居心」が大切になってくるのです。自分の持っている人形や自分の手の大きさや動きを知らないと、芝居をすることができませんので、芝居をするためには、自分を知ることが重要なのです。

また、影で芝居をするため、表現できることも限られてきます。あれもこれも伝えようとしても伝わりません。本質を伝えようとしなければいけないのです。

自分の表現方法を知り、本質を伝える「芝居心」が大事なのです。

③遊び心

影で表現するという制約の中で、「いかに遊ぶか」も大切です。自分で限界を決めないこと、制約の中で柔軟に考えることが必要なのです。これは「可能性を信じているかどうか」ということになってきます。「もっと面白い表現があるのではないか」という可能性を信じ続けることが「遊び心」につながるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です