広い視野を持つと、もっともっと影絵を楽しめる

広い視野を持つと、もっともっと影絵を楽しめるのです。

ひとつのことに集中すると視野が狭くなる

人はひとつのことに集中すると視野が狭くなる傾向があります。私もそうです。影絵劇では、動いている人形に注目します。見入ってしまうと視野が狭くなり、そこばかりを見てしまうものです。

スクリーン全体を見るのはもちろん、スクリーンの外にも

人形を見ていただくことは嬉しいのですが、それ以外も見ていただきたいのです。スクリーンには背景が映し出されます。背景にちょこっと映る仕掛けがあったりします。それを見つけると楽しみが広がります。

また、影絵はスクリーンだけに映るとは限りません。ときにはスクリーンから飛び出して天井などに映ったりすることもあります。

視野を広く持てば、楽しみが広がる

影絵劇はスクリーンだけではなく、体育館全体、室内全体が舞台となります。視野を広く持てば、楽しみが広がるのです。何事もそうですね。集中する部分は大切ですが、一歩引いて視野を広げて全体を見ることも大切なんです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です