ラケットを出さないと何も起こらない

私の好きな「卓球」に例えてお話しします。

ラケットを出せば、返球できる可能性がある

スマッシュを打たれたとき、ラケットを出せば、
たまたま球がラケットに当たって、
返球できるかもしれません。

しかしラケットを出さないと何も起こらないのです。

私はどんな球に対してもラケットを出します。
これが普通だと思って、今まで卓球してきました。

とにかく動く

これは卓球だけの話ではありません。

学生時代、テストで空欄があるまま
提出することが嫌でした。
書けば、部分点がもらえるかもしれません。
正解する可能性だってあります。
しかし書かなければ点数は入りません。

ラケットを出せば、解答欄を埋めれば、
何かが起こる可能性があるのです。

このように、何かを起こしたいなら、
とにかく動くことが大切なんです。
とりあえず動き続けましょう。

 

影絵劇にもチャレンジしてくださいませ

私たちは、参加・体験型の影絵劇を行っています。
ほとんどの方は、
影絵劇の人形を持ったことはないと思います。
したことのないものにも
積極的に参加してみてはいかがでしょう。
新たな可能性を見出せるかもしれません。

こんな影絵劇にご興味がございましたら、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください