ピンチが訪れたときの考え方

ピンチは誰にでも訪れる可能性があります。
そんなときの考え方についてお話しします。

ピンチのときは視野が狭くなる

強みを活かしてピンチを回避できないか。
ピンチの中にチャンスがないか。
と考えてみましょう。

ピンチのときに「もうダメだ―」
と思うかもしれません。
誰にでもありますよね。

ピンチのときは
目の前のピンチばかりを見てしまい、
視野が狭くなっていることが多いです。
そんなときは一歩後ろに下がって、
全体を見渡してみましょう。
視野を広げるように努めましょう。

企業の環境分析手法で考えると

企業の内部環境(強み・弱み)・外部環境(機会・脅威)
を分析する「SWOT分析」というものがあるのですが、
ピンチ(脅威)やチャンス(機会)は外部環境です。
自分ではコントロールできないのです。
ピンチになってしまったものは仕方がありません。
そこに囚われすぎると前に進めません。

そこで考えたいのは、
強みを活かしてピンチを回避できないか、
ピンチの中にチャンスがないか、です。

強みを活かせば
ピンチを乗り越えられるかもしれません。
ピンチと思っていたものの中に
意外とチャンスがあるかもしれません。

このように考えると、ピンチは
自分自身の強みを見つめなおすチャンス、
鍛えなおすチャンス、成長するチャンス、
さまざまなチャンスだと捉えることができるでしょう。

ピンチを単なる悪いことと捉えるのではなく、
考え方次第でチャンスととらえることもできるのです。

影絵劇も自分を見つめなおすチャンス!?

私たちは、参加・体験型の影絵劇を行っています。
普段することのない人形操作にチャレンジすると
自分の感じ方、考え方に改めて気づく可能性があります。
自分自身を見つめなおすチャンスです。

こんな影絵劇にご興味がございましたら、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください