この3つがあればできる!影絵劇の作り方

終演後、みんなで影を実際に映して楽しんでもらっています。

影絵は、老若男女問わず、どなたにも親しみのあるものです。
また、大掛かりな機材がなくてもできるものです。
ご家庭や地域の皆さまが大切な時間を共有するために、
影絵は適していると考えています。

そんな影絵を使った劇「影絵劇」は、
3つのものがあればできるのです。

灯り、照明(光を発するもの)
当劇団では、プロジェクターを使用しています。
家庭や地域で行う場合もプロジェクターが適していますが、
懐中電灯でもできます。
また、スマートフォンに付いている懐中電灯機能も活用できます。

スクリーン(影を映すもの)
当劇団では、投影用のスクリーンを使用していますが、
家庭や地域で行う場合は白いシーツや障子などで
代用することができます。
白い壁に影を映しても楽しめます。

手や人形(光をさえぎり影になるもの)
手や人形に灯りを当てて、スクリーンに影を映すと影絵劇ができます。

この3つがあれば、影絵劇ができます。
家庭や地域のみなさんで影絵劇にチャレンジしてみてください。

↓ご興味のある方は、「いいね」をしてね↓
※影絵劇団「打ち出の小づち」Facebookページ

小規模の(児童数おおむね150名以下の)
小学校や保育園などで影絵人形劇の出張公演を承ります。
(150人を超える場合は、2ステージ開催をオススメします)
お気軽にお問い合わせくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください