3月11日は「恵まれていると改めて思う日」

影絵劇団「打ち出の小づち」影絵師の「うめっちゃん」です。

毎年3月11日は、
いつも「私は恵まれているな―」
と思います。

11年前は、
四畳半、風呂ナシ、トイレ共同
の部屋に住んでいました。

四畳半、風呂ナシ、トイレ共同
の部屋に住めていたなんて
「恵まれているな―」と思います。

どんなことでも
「恵まれているな―」と思うと、
仕事や私生活で嫌なことがあっても
ちっぽけなことだと思うことができます。

3月11日は、
「恵まれていると改めて思う日」。

私は本当に、恵まれているな―。

 

↓ご興味のある方は、
「いいね」をしてね↓

※影絵劇団「打ち出の小づち」Facebookページ

小規模の(児童数150名以下)
小学校や保育園などで
影絵人形劇の出張公演を
承ります。

(150人を超える場合は、
2ステージ開催がオススメ)

お気軽に
お問い合わせくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください