2020年も「一寸法師」の生き方を見本に

参加・体験型の影絵人形劇をしています。

2020年も「一寸法師」のように生きます。

私が影絵人形劇を始めるとき、
最初の作品に「一寸法師」を選びました。
私の好きなお話のひとつだからです。

身体が小さいことは、弱みかもしれません。
しかし、一寸法師は
明るく元気に前向きに過ごしました。
そして、夢を持ちました。勇気もありました。

この一寸法師の姿勢が好きなので
影絵人形劇で「一寸法師」をしたかったのです。

誰でも弱みはあります。
弱みを気にして落ち込んでばかりいても仕方ありません。
どんな弱みがあっても、
どんな苦境に立たされても、
明るく元気に前向きに、
そして夢を持って、勇気をもって
今できることをしていくことが大切だと考えています。

昨年2019年は、
小学校でも影絵人形劇を行うことができました。
また「一寸法師」に加え、
小学校向けの作品「注文の多い料理店」も
おかげさまで好評を得ることができました。

今年2020年は、
さらに活動の幅を広げるとともに、
新作も作る予定です。
もちろん日本最大の人形劇の祭典
「いいだ人形劇フェスタ」にも参加予定です。

今年も引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください