2019年の目標~いいだ人形劇フェスタに参加する~

影絵師として志を応援する活動しています

日本最大の人形劇の祭典「いいだ人形劇フェスタ」には、
今年参加しましたが、来年も出ることをひとつの目標にします。

同じ出演でも、気持ちの面で大きく違います。

2018年は初参加ということもあり、
お客さまの反応を楽しむ余裕があまりありませんでした。

2019年は少し気持ちの余裕も出てきて、
いろんなことを楽しめるかなと感じています。
レパートリーが少ないとマンネリになる恐れがあるものですが、
私の場合、参加・体験型の影絵人形劇をしています。
お子さまの感じ方、考え方、人形の動かし方がいつも新鮮なので、
マンネリになることはありません。

また、長野県飯田市に行く大きな理由は、
今年の夏に出会ったお母さんと男の子に
もう一度会うためです。

過去記事:時計台の前で偶然出会ったお母さんとお子さん

この男の子に、ちゃんと影絵人形劇を観てもらいたい。
影絵人形劇「一寸法師」を通してメッセージを伝えたい。

このために、「いいだ人形劇フェスタ」に参加することを
2019年のひとつの目標にします。

 

児童数の多くない小規模の(おおむね100名未満の)
小学校や保育園などで影絵人形劇の出張公演を承ります。
(大規模の場合は、2ステージ公演をオススメします)
お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください