裏表を作るって面倒くさくない?

影絵人形劇の参加・体験

裏表って誰にでもあると思いますが、
裏表を作るのは面倒くさくないですか?

相手が偉い人だから、
相手が年上だから、
態度が大きく変えるなんて
面倒くさい
と私は考えています。

私も裏表はあります。
友達に接するときは
ため口で話しますし、
初対面の人と接するときは
丁寧語で話します。
態度が当然違います。

でも、
偉いか偉くないか、
立場が上か下か、
年が上か下か、などでは
裏表を作らないように
意識しています。

例えば、
裏表を作る人は
立場が下だと思っていた人が
実は立場が上だった
と分かったときに
態度を変えます。

ガラッと態度を変えるって
面倒くさいし、カッコ悪い。
何よりあまり信用できません。

誰もが裏表はあると思います。
誰に対しても
常に同じように接することは
難しいでしょう。

でも、
裏表の差をできるだけ
小さいほうが私は良い
と考えています。

小学校等に行ったとき、
児童たちや子どもたちとも
対等なひとりの人間として接しよう
と意識しています。

 

↓ご興味のある方は、
「いいね」をしてね↓

※影絵劇団「打ち出の小づち」Facebookページ

小規模の(児童数150名以下)
小学校や保育園などで
影絵人形劇の出張公演を
承ります。

(150人を超える場合は、
2ステージ開催がオススメ)

お気軽に
お問い合わせくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください