【芸術鑑賞会】自らを律することから始めよう

児童たちや先生たちに参加してもらって、学校全体で影絵人形劇を楽しんでもらっています。

自分ができていないことを
相手にさせようと思っても
無理な話です。

伝わりません。

だから
自分のできることを
自分のやってきたことを
相手に伝えることが重要です。

相手に伝えるためには
相手に伝わる言葉を発するためには
自分を律することが大切なのです。

いきなりすべてを完璧に
律することができなくても
自分にできるところから
きちんとしていければ
と考えています。

それが自分のためであり、
周りの人々のためになるのですから。

私は例えば、
影絵人形劇の公演を小学校で行うとき
自分から子どもたちにあいさつをします。
子どもたちにあいさつをしてほしいから。
小さなことから始めています。

 

↓ご興味のある方は、「いいね」をしてね↓
※影絵劇団「打ち出の小づち」Facebookページ

小規模の(児童数おおむね150名以下の)
小学校や保育園などで影絵人形劇の出張公演を承ります。
(150人を超える場合は、2ステージ開催をオススメします)
お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください