【芸術鑑賞会】文化芸術に対するハードルを下げよう

参加・体験型の影絵人形劇をしています。

児童たちにとって
文化芸術に触れる機会はまだ少ないでしょう。

いくら素晴らしい文化芸術でも
幼いときに
「難しい」とか「退屈」とか
と感じてしまうと
文化芸術を楽しめなくなってしまいます。

算数などの科目に
苦手意識を持つときと同じです。

何事も最初が肝心なのですね。

影絵劇団「打ち出の小づち」が
児童たちに参加体験してもらう
影絵人形劇を行っているのは、
児童たちに親しんでもらおう
児童たちのハードルを下げよう
と考えているからなのです。

観るだけでは、
「すごいね」
とは感じるかもしれません。
でもそれでは
「自分たちにはできない」
などと感じるかもしれません。
文化芸術との隔たりを感じてしまうかもしれません。
そうした隔たりをできるだけ
取り除きたいと考えているのです。

「文化芸術(演者)に対する心理的ハードルを下げる」

これが
影絵劇団「打ち出の小づち」のひとつのテーマです。

先日、板橋区の小学校で、
1年生だけの芸術鑑賞会を行いました。

いつもは
小規模(児童数150人以下)の小学校で
全学年に対して影絵人形劇を行っているので、
とても新鮮な感じでした。

全学年の中の1年生も毎回
とても楽しんでくれているのですが。
【芸術鑑賞会】福島県猪苗代町の1年生の声
【芸術鑑賞会】千葉県野田市の1年生の声
【芸術鑑賞会】千葉県成田市の1年生の声

児童数の多い小学校でも
学年ごと、低学年のみ、高学年のみの開催も承ります。

児童たちが文化芸術に触れる入り口に
影絵劇団「打ち出の小づち」の
影絵人形劇をご活用くださいませ。

 

↓ご興味のある方は、「いいね」をしてね↓
※影絵劇団「打ち出の小づち」Facebookページ

小規模の(児童数おおむね150名以下の)
小学校や保育園などで影絵人形劇の出張公演を承ります。
(150人を超える場合は、2ステージ開催をオススメします)
お気軽にお問い合わせくださいませ。




 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください