【芸術鑑賞会】助言するときは、「私だったらこうするよ」から伝えよう

影絵人形劇の参加・体験

「○○しなさい」と相手をコントロールしようとしたとき、
相手が自分の思い通りに動かなかったら
イライラするかもしれません。
ムカムカするかもしれません。

子どもといえども、
年下といえども、
他人はコントロールすることはできません。

動いてほしい場合はまず、
「私だったら○○するよ」
と言います。

相手がその方法がベストだと思えば、
動くでしょうし、
相手が自分のことを信頼していれば、
動くでしょう。

もし相手が動かなかったときは、
相手が自分のことを信頼していないかもしれない。
相手の事情は分からないので、
その方法を実行するうえで
妨げになることがあるかもしれない。
もっと良い方法があるかもしれない。
と考えるようにしています。

だから
自分を信頼してもらえるように努めます。
方法の妨げになることを取り除くように努めます。
別の方法を考えようとします。

けっして「相手を変えよう。」と考えないように努めています。
けっして「この方法が一番良い。この方法は誰でもできるのに。」と考えないように努めています。

「努めている」と言っているのは、
したとしても、望んだレベルまでできないこともあるからです。

もしアメやムチで相手が変わったとしても、
アメやムチがなくなれば、また元に戻ります。

自分で感じて自分で考えて
自分で行動することが大切なのです。

だから相手をコントロールしないようにすることが大切なのです。
だから相手の見本になるように、自分を見直すことが大切なのです。

 

↓ご興味のある方は、「いいね」をしてね↓
※影絵劇団「打ち出の小づち」Facebookページ

小規模の(児童数おおむね150名以下の)
小学校や保育園などで影絵人形劇の出張公演を承ります。
(150人を超える場合は、2ステージ開催をオススメします)
お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください