【東京五輪】水谷隼・伊藤美誠組の初戦を観て感じたこと【卓球・混合ダブルス】

趣味は卓球です。

2021年7月24日(土)、
東京五輪の卓球が始まりました。

今大会から新種目となった
混合ダブルスです。

水谷隼・伊藤美誠組は
世界ランキング2位のペアなので、
期待は高まります。

初戦の相手は、
オーストリアのペア。
結果は4-1の快勝に見えますが、
この試合で私の感じたことは
大きく2つあります。

➀経験は大きな力になる

試合序盤、
1セット目は獲ったものの
2セット目は落としてしまいました。
伊藤美誠選手でも緊張したのかな。
そんなときに
水谷隼選手の落ち着いたプレーで
流れを引き寄せたように
私は感じました。

落ち着いたプレーの裏には
大きな経験があったと感じています。

水谷隼選手は、
北京・ロンドン・リオ・東京と
4大会連続の五輪出場です。
リオ五輪では、
日本人初のシングルスで
メダルを獲得しました。

全日本卓球選手権では
17歳で初優勝して以来、
優勝は10度を数えます。

まさに日本卓球界のレジェンド。

ピークを過ぎたように
言われていますが、
進化を続けています。

この試合でも
現時点で最高のパフォーマンスを
発揮するためには、どうしたら良いか
が分かっているようでした。

経験が大きな力になっている
と感じました。

➁お互いを補い合うことが大切

女子シングルスの世界ランキング2位、
中国から「大魔王」と恐れられている
伊藤美誠選手と言えども、
東京五輪の初戦では、
緊張をしているように見えました。
いつもなら入っているのに
タイミングやポイントが
微妙にズレていたのかもしれません。

調子の良いときもあれば、
良くないときもあります。
大事なのは、
良くないときにどうするかです。

伊藤美誠選手が乗れないときに
水谷隼選手の落ち着いたプレーで
得点を積み重ねていく。
そうすることで
伊藤美誠選手がだんだん
乗ってきたように見えました。

今後、水谷隼選手の調子が
上がらないときもあるかもしれません。
そんなときは、
伊藤美誠選手が水谷隼選手を
補うことでしょう。

当たり前のことですが、
お互いを補い合うことが
大切だと感じました。

2人のパフォーマンスは
ますます良くなっていくでしょう。
次の試合がとても楽しみですね。

【影絵人形】卓球小僧うめっちゃん

↓ご興味のある方は、
「いいね」をしてね↓

※影絵劇団「打ち出の小づち」Facebookページ

小規模の(児童数150名以下)
小学校や保育園などで
影絵人形劇の出張公演を
承ります。

(150人を超える場合は、
2ステージ開催がオススメ)

お気軽に
お問い合わせくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください