影絵劇の可能性

影絵師として志を応援する活動しています

技術の進歩により、分かりやすい情報が溢れる昨今、
この状況に依存しすぎると、
心を動かしたり、想像力を使ったりする機会が
少なくなってしまうかもしれません。
抽象的な影で表現する影絵劇は、
自分で感じて自分で考える機会になります。

また、老若男女問わず気軽に楽しめる影絵劇は、
家庭や地域の方々が一緒に楽しみ、
大切な時間を共有することにもつながります。

影絵劇にはこのような可能性があるのです。

今年の夏に参加した日本最大の人形劇の祭典
「いいだ人形劇フェスタ」のお客さまの声からも、
影絵劇や、影絵劇から発展した私の行っている参加体験型の影絵人形劇には
大きな可能性があると感じることができます。

 

 

※影絵劇団「打ち出の小づち」Facebookページ
※12・30「音楽家たちの晩餐会」にちょこっと出演します
※12・24「おうちでできる影絵劇」ワークショップを開催します

 

小規模の(児童数おおむね100名未満の)
小学校や保育園などで影絵人形劇の出張公演を承ります。
(大規模の場合は、2ステージ公演をオススメします)
お気軽にお問い合わせくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください