【影絵人形劇】子供たちには、いろんな経験をさせたい

「おうちでできる!影絵人形の作り方」を伝えています。子供たちは手作り影絵人形(一寸法師)に夢中です。

2月11日は、浅草にて
「伝統的なおもちゃや動くおもちゃを作ろう」
というイベントに参加させていただきました。

いろんなおもちゃや遊びがある中、
影絵にハマるお子さんが数人いました。
あるお母さんが
「この子は、いろいろ見た中でココが一番楽しそう」
と言ってくださいました。

子供たちは何に興味を持つかわかりません。

おそらくお母さんは
まさか影絵に興味を持つとは思っていなかったのでしょう。

絵本を読んであげたり、
おもちゃを買ってあげたりはしていたのでしょうけど、
おうちで影絵をしようとは考えてこなかったのでしょう。

子供たちは本当に何に興味を持つかわかりませんね。

私はイベントでは
おうちでできる!影絵人形の作り方
を伝えています。
仕掛けはシンプルです。
骨組みは、割りばしと輪ゴムです。
これならお金をかけずに子供たちは遊べます。

絵本を読んであげたり、
おもちゃを買ってあげたりすることは大切ですが、
お金をかけなくても、
子供たちにいろいろ体験させてあげることはできると思うのです。
「影絵」はそのひとつにすぎません。

子供たちにいろいろ体験させるためには、
私たち大人がまず視野を広げる必要があります。
私たち大人がまず柔軟に考える必要があります。
私たち大人がまず心を大きく動かす必要があります。

私はこれからも影絵人形劇を通じて
自分にできることをしていきます。

↓ご興味のある方は、「いいね」をしてね↓
※影絵劇団「打ち出の小づち」Facebookページ

小規模の(児童数おおむね150名以下の)
小学校や保育園などで影絵人形劇の出張公演を承ります。
(150人を超える場合は、2ステージ開催をオススメします)
お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください