子どもたちが自分で感じ、自分で考える姿はステキ!

参加・体験型の影絵人形劇をしています。

8月2日(金)には
日本最大の人形劇の祭典「いいだ人形劇フェスタ」、
8月17日(土)18日(日)には
取手市で開催された「こどもアートフェスタ」
に参加しましたが、
子どもたちが自分で感じ自分で考えることを楽しむ姿が
たくさん見ることができました。

先日公演をさせていただいた小学校の
子どもたちの感想からも
子どもたちが自分で感じ自分で考えることを
楽しんでくれたのかなと感じています。

【影絵人形劇】福島県猪苗代町の子供たちの声【1年生】
【影絵人形劇】福島県猪苗代町の子供たちの声【2年生】
【影絵人形劇】福島県猪苗代町の子供たちの声【3年生】
【影絵人形劇】福島県猪苗代町の子供たちの声【4年生】
【影絵人形劇】福島県猪苗代町の子供たちの声【5年生】
【影絵人形劇】福島県猪苗代町の子供たちの声【6年生】

手や頭を使って「こんな影絵ができるの?」と感じてくれた子、
友達が動かしている人形の動きを楽しんでくれた子、
知っているお話を影絵人形劇で観れたことを喜んでくれた子、
人形の仕組みや舞台裏に興味を持ってくれた子、などなど、
影絵人形劇の楽しみ方はいろいろなんだなと感じました。

この感想をいただいた小学校は全校生徒が一緒に観劇しました。

文化芸術鑑賞教室を開催するとき、
低学年と高学年が一緒に楽しめるのかな
と不安に感じている小学校の先生方もおられるかもしれませんが、
そんな心配は杞憂かもしれません。

「ココを楽しみなさいよ!」
と促すこともあまり必要ないのかなと思います。

子どもたちは、
自分たちの状況に合った楽しみ方を見つけ、
それぞれが自分で感じ、自分で考えている
と思うのです。

子どもたちには大きな可能性があります。
その可能性の限界を
親や先生など周りの大人が
決めつけないほうが良いのかなと思います。

影絵劇団「打ち出の小づち」の影絵人形劇は、
小学校や保育所、
日本最大の人形劇の祭典「いいだ人形劇フェスタ」などで公演をして、
観劇してくれた子どもたちそれぞれが
自分たちで感じて、自分たちで考える楽しさ
を味わうきっかけになっているのかなと思っています。

これからも影絵人形劇で子どもたちに
ちょっとしたきっかけを提供できれば嬉しいです。

 

↓ご興味のある方は、「いいね」をしてね↓
※影絵劇団「打ち出の小づち」Facebookページ

小規模の(児童数おおむね150名以下の)
小学校や保育園などで影絵人形劇の出張公演を承ります。
(大規模の場合は、2ステージ公演をオススメします)
お気軽にお問い合わせくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください