商品・サービスを誰に届けたいかを一番に考える

参加・体験型の影絵人形劇をしています。

影絵劇団「打ち出の小づち」の影絵人形劇は、
子どもたち、主に小学生たちに
届けたいと考えています。

小学生を中心とした子どもたちに
影絵人形劇を届けるために
どうするのかをいつも考えています。

小学生を中心とした子どもたちが
より楽しめる影絵人形劇にするために
どうするのかをいつも考えています。

といっても、
子どもたちはこのブログをあまり読まないと思うので、
このブログは子どもたちに関わる人たちに向けて
書いています。

ただ、影絵人形劇の評価のバロメータは、
子どもたちのリアクションであることは
ブレないように強く意識しています。

当然ですが、
大人たちの反応よりも、
子どもたちの反応を優先します。

このように、商品・サービスを誰に届けたいか
を一番に考えることは当たり前のことですが、
あれこれ考えているうちに、
当たり前のことができなくなることもあります。

子どもたちの中にも
親や先生など周りの大人の顔色ばかり伺う癖のある子もいます。
本当にしたいこととは異なる選択をする癖のある子もいます。

そんな子どもたちにも
影絵人形劇を通じて
「自分で感じて、自分で考えることの楽しさ」
を伝えられたらと思っています。

もっと自由に感じて良いんだよ。
もっと自由に考えて良いんだよ。
もっと自由に行動して良いんだよ。

本当にしたいことは何?
それをする目的は何?

自分で感じて、自分で考えて、
したいならしてみよう!

こんなことを影絵人形劇を通じて、
子どもたちに伝えられたら、
とても嬉しいです。 

 

↓ご興味のある方は、「いいね」をしてね↓
※影絵劇団「打ち出の小づち」Facebookページ

小規模の(児童数おおむね150名以下の)
小学校や保育園などで影絵人形劇の出張公演を承ります。
(大規模の場合は、2ステージ公演をオススメします)
お気軽にお問い合わせくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください