印象に残っている野村克也さんの言葉

勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。

中小企業診断士の受験生向けのブログでも書いたことがあります。
タキプロbrogはこちら

この言葉は何事にも言えます。
なぜか上手くいくことはあります。
でも上手くいかなかった場合は、
必ず原因があるものです。

野村克也さんの
データを重視する「ID野球」は
上手くいかなかった原因を積み重ねて、
上手くいかない確率を下げること
だと考えています。

だから野村克也さんの言葉には
とても納得感があり、
好きな解説者でした。
私はヤクルトファンでも、
阪神ファンでも、
楽天ファンでもないので、
監督時代は憎いときもありました。
もっともだと思うことを言うから
ますます憎いと感じたのかもしれません。

野村克也さんの死はとても残念ですが、
こればかりは仕方ありません。

死が負けというわけではないですが、
不思議の勝ちで
いつまでも存在感を示してくれるのかな
と思っていました。

本当にお疲れさまでした。
ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください