協調性は、必ず必要なのか。

影絵師として、中小企業診断士として活動しています

協調性は、どんな場面でも必要なのでしょうか。
私は、必要でない場面もあると考えています。

貴乃花親方の引退騒動やこれまでの言動などで
「協調性がない」という意見があります。
「周りに合わせろ!」と言うことでしょうか。
でもそれでは改革はできません。
周りに合わせてばかりいては、協会は変わらないままです。
周りが間違っていると思う場合でも、
周りに合わせないといけないのでしょうか?

大切なことは、協会の可能性を信じられることができるかです。
協会の可能性を信じることができれば、
今はダメでも良くなると信じて、
我慢して周りに合わせられることでしょう。

「協調性がない」と言う前に、
協会の可能性を信じられるようにするほうが良いのです。
でも、それができない。
だから、周りに合わせられない。だから、出ていく。

貴乃花親方の言動は、
私にとっては理解できないほどのものではありません。

貴乃花親方は、
協会の可能性を信じることができなくなったのでしょう。

安易に「協調性がない」と言うのは良くないと思うのです。
なぜ協会の可能性を信じられなくなったのか、
どうしたら協会の可能性を信じられるようになるのか
をみんなで考えていかなくてはいけないと思うのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください