何を学ぶか、よりも大切なこと

誰から学ぶか、です。

同じような内容の話を聴いたとしても、
この人の話は伝わってくるけど、
あの人の話は伝わってこない、
ということがあります。

この違いは何か。

それは、話し手との関係です。

信頼関係が出来ていると、話は伝わってきますし、
信頼関係が出来ていないと、話は伝わってきません。

好きな先生が教える科目は身につきやすいですが、
好きではない先生の科目はなかなか身につかない
という経験をしたことがある人も少なくないでしょう。

誰から学ぶか、がとても大切なのです。

また、聴き手は意識をしていなくても
経験に基づいて話しているか、
聴き手のことを想って話しているか、
などを感じるものです。

話の内容はある程度まねることはできても
経験は独自のもの、
経験した人にしか伝えられないものがあるのです。

他人から聞いただけのような薄い話をしていたり、
自分のことしか考えずに話をしていたりすれば、
聴き手は信頼できないと感じてしまうのです。

何を学ぶか、よりも

誰から学ぶか、のほうが大切なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください