伝わらない言葉には何が足りないのか

伝わらない言葉には「信頼関係」が足りない
と私は考えています。
見本にできない、言葉と行動が一致していない
ことが信頼関係を築けない大きな要因
だと考えています。

例えば、政治家が
重要局面だ、外出規制だ
などと言っても、
国民に伝わっていません。

それはなぜか。

それは、政治家自らが
多数の記者がいる会場で記者会見を行ったり、
友人たちと集まって桜を楽しんだり
しているからです。

言葉と行動が一致していない人のことを
「信頼しろ」というのは無理な話です。

伝える側がこんなことをしていたら、
いくら重要局面だ、外出規制だ、と言っても
国民に伝わらないのは当たり前です。
国民の心に響かないのは当たり前です。

ではどうするか。

政治家自らが国民の見本になることです。
政治家自らが言葉と行動を一致させることです。

伝えるためには
まずはここから始めることが重要
だと考えています。

私もこのことを忘れないようにしないとね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください