他人の顔色をうかがいすぎる人はこんな傾向がある

影絵師として、中小企業診断士として活動しています

他人の顔色をうかがいすぎる人は、
差別をする傾向がある。

なぜなら、
誰の顔色をうかがえば一番メリットがあるかを考えてしまうから。

平等に全員の顔色をうかがうことができるなら良いですが、
そんなことは不可能です。
仲の良くない人、対立関係・ライバル関係にある人がいると
こちらを立てれば、あちらが立たず
みたいな状態になるでしょう。

この人の顔色をうかがおうと考えてしまうと、
発言、行動、態度に差が出てしまいます。
差別につながるおそれさえあります。

人間だから他人の顔色をうかがうこともあるでしょう。
でも、それが度を過ぎると良くありません。
社長だから、市長だから、という肩書きで
発言、行動、態度をコロコロ変える人は、
逆の立場の人には冷たい対応になりかねません。
普通の対応をしていても、
冷たい対応だと捉えられるかもしれません。
これはもったいないです。

だから、
他人の顔色はうかがいすぎないようにしたほうが良いですね。

 

児童数の多くない小規模の(おおむね100名未満の)
小学校や保育園などで影絵人形劇の出張公演を承ります。
(大規模の場合は、2ステージ公演をオススメします)
お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください