不安の要因と対処法

巷には不安をあおる言葉が溢れています。

新型コロナウイルスの感染拡大
パンデミック(感染症の世界的流行)
クラスター(感染者集団)
オーバーシュート(爆発的感染拡大)
ロックダウン(都市封鎖)
などなど

こんな言葉を毎日聞かされると
誰でも不安になります。怖くなります。
この不安の要因と対処法を考えてみます。

不安の要因は、「箱の中身は何だろな」

では、不安の要因は何なのか。

それは、「得体が知れないから」だと
私は考えています。

得体が知れないものは
どんなに小さなものでも怖いです。

例えば、
「箱の中身は何だろな」
というゲームがあります。

バラエティ番組などで見たことのある人は多いでしょう。
箱の中身を見ずに、手探りだけで
箱の中に何が入っているのか
言い当てるゲームです。

トゲのあるものかな。
動くものかな。
噛みつくものかな。

中身が分からないから怖いのです。
中身が最初から亀の子タワシだと分かっていたら怖くありません。

将来に対して不安を抱くのも
将来が見えないからです。
将来が見えていたら怖くないはずです。

だから今回の新型コロナウイルスも
得体が知れないから
必要以上に怖く感じる、
必要以上に不安を感じる
のだと考えています。

だから、
買い占めやデマの流布などをしてしまう人が現れる
と私は考えています。

箱の中身が分かっていれば怖くない

では、不安を払拭するためにどうすれば良いのか。

それは「得体が知れないものの正体を把握するように努めること」です。
「箱の中身は何だろな」の「箱の中身」を知ることです。
「箱の中身は何だろな」で
箱の中身を言い当てる人が
箱の中身を知ると面白くないです。

最初から
トゲのないもの、
動かないもの、
噛みつかないもの
だと分かっていたら怖くないのです。

たとえ、
トゲのあるもの、
動くもの、
噛みつくもの
だったとしても、
最初から分かっていれば、
手を入れなければいいのです。

箱の中身を知るように努めよう

今回の「新型コロナウイルスの感染拡大」でも
新型コロナウイルスの正体を把握するように努めることです。

私たち一般人が医学的なことを
調査したり研究したりということはできませんが
複数の専門家の意見を聞いて
自分なりに考えてみること
が重要だと私は考えています。

通常の風邪やインフルエンザより怖いものなのか、
通常の風邪やインフルエンザと何が違うのか、
などを考えてみることです。

そして

感染しないためには何をするべきか、
自分が感染している可能性があると感じたら何をするべきか、
などを考えてみることです。

得体が知れないから不安になるので、
少しずつ把握することが重要なのです。

得体が知れないことが不安の要因なので、
得体を知ることで不安は払拭できるのです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください