コンサルタントでも、カウンセラーでも、コーチでも、できないことがある

いつも考えていることです。
専門家だけではなく、親御様にも通じる部分があります。

クライアントの代わりはできない

コンサルタントであっても、
カウンセラーであっても、
コーチであっても、
クライアントの代わりに事業を行うことはできません。

あくまでも主体はクライアントです。
クライアントが志を持って
事業を行う上でのサポートをすることが
コンサルタント、カウンセラー、コーチなど専門家の役割です。
ここを間違うと、お互いにとって良くありません。

もし、コンサルタント、カウンセラー、コーチが
クライアントの代わりに事業を行って
上手くいかなかった場合、クライアントは
コンサルタント、カウンセラー、コーチのせいにするでしょう。
もし上手くいったとしても、クライアントは
経験値を高めることができないので、
クライアント自身の成長度は小さいでしょう。

コンサルタント、カウンセラー、コーチは、
クライアント自身が成長してもらうために存在しているのです。

コンサルタント、カウンセラー、コーチにできる3つのこと

コンサルタント、カウンセラー、コーチができることは
大きく分けて3つあると考えています。

①クライアントに「志」を再確認してもらう
②クライアントに対して、「客観的」に意見を言う
③小難しいことを「分かりやすく」クライアントに伝える

「こうしたい」「こうなりたい」
という志のないクライアントでは、
どこをどのようにサポートして良いのか分かりません。
クライアントに今一度
「こうなりたい」「こうなりたい」という志を
見つめなおしていただくことは重要です。

また、クライアントはどうしても主観的に、
視野が狭くなりがちです。
そんなときは、コンサルタント、カウンセラー、コーチが
客観的に診ることが重要になってきます。

そして、事業を進めていくうえで
分かりにくい部分が出てきたときに、
分かりやすく噛み砕いて伝えることも重要です。
小難しい専門用語ばかり並べる
コンサルタント・カウンセラー・コーチではいけません。

コンサルタント・カウンセラー・コーチには
できること、してはいけないことがあるのです。

このことは親御様も同じではないでしょうか。

影絵劇を通じて「志」を持つきっかけを提供したい

私たちは、参加型体験型の影絵劇を行っています。
参加・体験していただいて
自分で感じ、自分で考えてほしいのです。

自分で感じ、自分で考える習慣が
「志」を持つきっかけになると考えています。

こんな影絵劇にご興味のある方は、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください