ひとつの行動が「打ち出の小づち」のひと振りに

参加・体験型の影絵人形劇をしています。

劇団名の「打ち出の小づち」の由来は、
私たちの作品「一寸法師」に出てくる
「打ち出の小づち」からとっていますが、
次のような思いも込めています。

願いごとを唱えて振ると願いごとが叶うという
「打ち出の小づち」が目の前にあるとしたら、
どのような願いごとをしますか?

でも、「打ち出の小づち」は実在しません。
願いごとはあるのに、「打ち出の小づち」はないのです。

願いごとを叶えるためには、
自分にできることをひとつずつ積み上げていくことが大切です。

自分で感じて自分で考えて、
小さくてもひとつの行動を起こすことが
「打ち出の小づち」のひと振りになり願いごとに近づいていくのです。

「打ち出の小づち」が溢れる世の中になることを願って。

そんな影絵劇団「打ち出の小づち」は、
自分たちにできる行動を起こしていきます。
(これも私のひとつの小さな行動です)

↓ご興味のある方は、「いいね」をしてね↓
※影絵劇団「打ち出の小づち」Facebookページ

小規模の(児童数おおむね150名以下の)
小学校や保育園などで影絵人形劇の出張公演を承ります。
(150人を超える場合は、2ステージ開催をオススメします)
お気軽にお問い合わせくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください