【公演】茨城大学教育学部附属特別支援学校のみなさん、ありがとうございました。

2021年12月3日(金)、
影絵人形劇の公演を
茨城大学教育学部附属特別支援学校さまにて
行いました。

文化庁「芸術家の派遣事業」による
公演でしたので、
昨年、特別支援学校さまから
申請していただき、
今年の春、開催することが
決まりました。

今は新型コロナウイルス感染症が
落ち着いていますが、
どのような状況になるか分からず
不安でした。
そんな中、問題なく開催できて
ホッとしています。

この時期に開催できたのは
児童たちや先生方の日頃の行いが
良いからかなと感じています。

中学部の児童たちでしたが、
積極的に参加してくれて
素直に楽しんでくれました。

茨城大学教育学部附属特別支援学校にて影絵人形劇

茨城大学教育学部附属特別支援学校のみなさん、
ありがとうございました。

特別支援学校で
影絵人形劇をしたい
という声があがっている
とのことで
今回実施した甲斐があった
と感じています。

ブレーメンの音楽隊、ロバがイヌに出会う

公演終了後には
給食をいただきました。

こういうのも
影絵人形劇の公演の楽しみです。

給食をいただきました!

茨城大学教育学部附属特別支援学校のみなさん、
一寸法師のように
どんなことがあっても
明るく元気に前向きに
勇気を持って
夢を持って
過ごしてください。

 

↓ご興味のある方は、
「いいね」をしてね↓

※影絵劇団「打ち出の小づち」Facebookページ

小規模の(児童数150名以下)
小学校や保育園などで
影絵人形劇の出張公演を
承ります。

(150人を超える場合は、
2ステージ開催がオススメ)

お気軽に
お問い合わせくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください