【おうちでできる算数】植木算➀【簡単解説】

児童たちや先生たちに参加してもらって、学校全体で影絵人形劇を楽しんでもらっています。

小学生の皆さん、
おうちで過ごす時間にちょっとだけ
算数の問題を解いてみてはいかが?

問題
15
0メートルの道路の端から端まで、
30メートル間隔で木を植えるとき、
何本の木が必要になるでしょうか?

おうちで算数を楽しもう(植木算)

ネコが歩いていますが、気にしないで
問題を解いてみてくださいね。

それでは解説に行きますよ~

解説

150メートルの道路に30メートル間隔なので
150÷30=5
「5本!」と答えていませんか?
5本ではありません。

上の絵はヒントでしたね。
5本の木が描かれていますが、
150メートルではなさそうですよね。
もう1本、木があれば
150メートルになりそうですね。
正解は、6本でした!

では、考えていきましょう。

例えば、
30メートルの道路の端から端まで、
30メートル間隔で桜の木を植えたとすると、
木の間隔は1つで桜の木は2本必要ですね。

60メートルの道路の端から端まで、
30メートル間隔で桜の木を植えたとすると、
木の間隔は2つで桜の木は3本必要ですね。

おうちで算数を楽しもう(植木算)

「道路の長さ150メートル」を
「木の間隔30メートル」で割った
「5」は、「木の間隔の数」なんですよ。
「木の間隔」で割るというのは、
「木の間隔」がいくつあるかを求めることなんですよ。

「木の数」は、「木の間隔の数」と同じですか?
違いますよね。
「木の数」は、「木の間隔の数」より「1」多いですよね。

ですので、
150(道路全体の長さ)÷30(木の間隔の長さ)
=5
(木の間隔の数)

5(木の間隔の数)+1=6(木の数)

おうちで算数を楽しもう(算数)


正解は、6本になります。

分かりましたか?

 

ここで大事なことは3つです。
➀図を描く
➁数が小さくした場合はどうなるかを考える。
③ルールを見つける

文章を読んで、
頭の中だけで考えようとすると
思い違いをしたり、
思ったよりも考える時間がかかったりしがちです。
文章題が苦手な子は、
文章をイメージできていないことが多いです。
「文章だけではよくイメージできないなー」
と思ったら、イメージして整理するために
図を描きましょう。

次に、数を小さくした場合を考えてみましょう。
今回の問題の場合、木の間隔が1つの場合から考えました。
そうすることで、
150÷30ではダメだということに気づきます。

それから、ルールを見つけましょう。
道路の長さを木の間隔の長さで割ると、
木の間隔の数だな。
木の数は、木の間隔に1を足した数だな。
図を描いて、数を小さくした場合を考えると、
気づきやすくなります。

もう1度、言いますね。大事なので。おうちで算数を楽しもう(文章題の解き方)

文章題は、このように図を描いて
解いていくことをオススメします。
複雑な問題でも解答に近づきやすくなりますよ。

 

↓ご興味のある方は、「いいね」をしてね↓
※影絵劇団「打ち出の小づち」Facebookページ

小規模の(児童数おおむね150名以下の)
小学校や保育園などで影絵人形劇の出張公演を承ります。
(150人を超える場合は、2ステージ開催をオススメします)
お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください