「手影絵」は、日本の文化

家族共通の話題になる影絵

「手影絵」は、
古くから親しまれた日本の文化です。

「手影絵」とは

「手影絵」とは、
動物などを手で形作り、
影で表現する遊びです。
手影絵と言っても、
一部は頭を使って
表現する手影絵もあります。

「手影絵」の歴史

日本では、
影絵は江戸時代ごろから
親しまれているそうです。
今は「劇団かかし座」さんの
手影絵パフォーマンスが
国内外で高く評価されています。
皆さまのお父さんやお母さん、
おじいちゃんやおばあちゃんも
小さいころは、
きっと手影絵で遊んだことでしょう。

「手影絵」にチャレンジしてみよう

「懐中電灯などの灯り」と
「影を映す障子や壁など」があれば、
手影絵はできます。
また、晴れた日では
「太陽の光」と「地面」で
手影絵はできます。
手影絵は気軽に楽しめますので、
ぜひおうちで、ご家族のみなさんで
楽しんでみてください。

↓ご興味のある方は、
「いいね」をしてね↓

※影絵劇団「打ち出の小づち」Facebookページ

小規模の(児童数150名以下)
小学校や保育園などで
影絵人形劇の出張公演を
承ります。

(150人を超える場合は、
2ステージ開催がオススメ)

お気軽に
お問い合わせくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください