「察してほしい」はダメだが、「察しよう」と努める

人間関係を改善することについて考えました。

相手に期待しない

相手に「察してほしい」と思ったことのある方は
多いのではないでしょうか。

この場合、相手が察してくれないと、
相手に対して腹を立ててしまうこともあります。
心を整えるためには、相手に期待しないことが大切なのです。

しかし、「相手のことを察しよう」と努めることは大切です。
相手がどのように感じているのか、どのように考えているのか、
当事者ではないので分かりませんが、
相手のことを察しようとしないと、知らず知らずのうちに、
いじめやハラスメントをしている可能性が出てきます。
「相手のことを察しよう」と努めることは大切です。

自分の思いを押し付けない

また、「相手がこのように感じているはずだ」
「相手がこのように考えているはずだ」
と自分の思いを押し付けることはダメです。

自分と相手は違う人間です。
感じ方、考え方はもちろん違います。
自分と同じ感じ方、考え方を持っているだろうと、
相手に期待してはいけないのです。

影絵劇のように遊び心を持って

心にゆとりを持つことが大切です。
影絵劇のように遊び心を持って。

影絵劇で遊び心を味わいたい方は、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください