「お笑い人としての姿勢を見習いたい」~上島竜兵さんを偲ぶ~

ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが亡くなった。

当事者の気持ち、思い、考えなどは
私には分からないので、
私の気持ち、思い、考えを書いていく。


とても悲しい。
私はお笑いが好きなので、
テレビ、ラジオ、Youtubeなどで
お笑い番組を楽しんでいる。

文字に起こすと
あまり面白くないが、
タイミングや間(ま)で
面白くなることがある。
ダチョウ倶楽部の3人も
よく練習をするそうだ。
熱湯風呂や熱々タマゴは
まさに練習の賜物だろう。

また、「ヤー!」という決め文句は
若手芸人がたくさんいる中、
カメラに映る数秒でインパクトを残すために
考えられたそうだ。

リアクション芸がヒットしたその裏には
たくさん練習をしたり、
たくさん考えたり、
積み重ねてきた努力があった
と私は感じている。

上島さんの訃報に触れて
有吉弘行さんや土田晃之さん、
劇団ひとりさんのラジオを聴いた。
とても愛されていると感じた。
とても信頼関係があると感じた。
太い絆があると感じた。

信頼関係を築くためには
相手に信じてもらうためには
自分から信じることが大切だな
と感じた。
言葉で「信じる」と口にするのは簡単だが、
心から「信じる」のは簡単ではない
と考える。

上島さんは心から
有吉弘行さんや土田晃之さん、
劇団ひとりさんを信じていたのかな
と感じた。

私も影絵人形劇をしている身として
上島竜兵さんの立ち居振る舞いは
勉強になる。

上島竜兵さん、
長い間、楽しませてくれて
ありがとうございました。
そしてお疲れさまでした。

観ている人たちの心を一瞬で掴み、
幅広い年代の人たちを笑顔にする
お笑い人としての姿勢を見習います。

↓ご興味のある方は、
「いいね」をしてね↓

※影絵劇団「打ち出の小づち」Facebookページ

小規模の(児童数150名以下)
小学校や保育園などで
影絵人形劇の出張公演を
承ります。

(150人を超える場合は、
2ステージ開催がオススメ)

お気軽に
お問い合わせくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください