2017年に出会った3人の面白い人(その2)

人のあり方、組織のあり方、仕事のあり方
を考えるうえで、今年は面白い人に会いに行きました。

その3人のお話を書いています。

2人目は「福島正伸さん」です。

福島正伸先生

福島正伸さんは、
自立型人材の育成、組織活性化支援、地域活性化支援などを
25年以上にわたり行ってきている方で、
「この人の話を聴きたい」と思い、勉強させていただいています。

アメやムチでは人を動かすことができない、と私は以前から考えていました。
しかし、多くのコンサルタントや専門家たちは、
アメとムチをいかに使うか、の話をします。
いかに効率的に人を活用するか、
いかにシステムの中に人を取り入れるか、ばかりを論じます。

これらもある程度は必要なことかもしれませんが、
これらでは根本的に「人材」「働き方」の問題は解決しないと考えています。

そんなときに福島正伸さんの話を聴く機会を得ました。

まず自らを成長させて、周りの人たちの見本になることが
大事だとおっしゃっています。
自らが夢を語ることが大事だともおっしゃっています。

福島正伸さんは、数年前に大きな病気を患いました。
それでも前向きに、夢を持ち続け、自らの姿勢を見せようと活動しました。
今は治っておられて、とても元気で、大病を患ったようには見えません。

なんでもプラスに考えるちょっと変な人です。

私は、福島正伸さんの考えに近いので、多くのことを吸収したいと考えています。

年明け(1月24日)に東京で、福島正伸さんの話を聴ける機会があります。
ご興味のある方は、ぜひご参加くださいませ。

http://lahimawari.jp/choninki/index.html

年内に、紹介者の欄に私の名前「梅津勝明」と書いて、申し込んでいただきますと、
特別料金(15000円が10000円に)で聴講できます。

コンサルタントの方も、そうでない方も、参考になると思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です