1人で影絵劇をするってたいへん?

こんな感じで影絵人形を操作します

たいへんなことはもちろん多いですが、
1人ですることにはメリットもあります。

まず1つ目。
一体感があります。

1人なので一体感があって当たり前なのですが、
劇団では一体感を作るのは簡単ではありません。

例えば、タバコを吸う劇団員と吸わない劇団員がいたとします。
近年の小学校では「敷地内禁煙」です。
しかしタバコを吸う劇団員は隠れて吸おうとするかもしれません。
小学校の中に停車している劇団の車の中などで。
また、小学校の敷地から一歩出たところで吸おうとするかもしれません。
タバコを吸わないように注意しても、隠れて吸うかもしれません。

こういうことがあると一体感を作るのは難しいのです。

でも、1人だと「私はタバコを吸わない」と決めてしまえば良いのです。
1人だと一体感があるのです。

次に2つ目。
迅速な意思決定ができるのです。

何人か劇団員がいると、意見がバラけることもあるでしょう。
意見を取りまとめて、行動に移すのに時間がかかるかもしれません。
1人では自分が「やる」と決めれば良いのです。

例えば、私は先日、
日本最大の人形劇の祭典「いいだ人形劇フェスタ」に参加しました。

効率的かと言えば、効率的ではないでしょう。
移動時間はかかりますし、
もっと他で公演したほうが利益になるかもしれません。
別の劇団員がいると、
「効率的ではないからやめたほうがいい」
という意見が出たかもしれません。
しかし私は「いいだ人形劇フェスタ」に参加することを決めました。
自分の力を知るため、観客の反応を知るため、
他の劇団とのつながりを作るため、
経験を積むため、などの目的で参加を決めました。
自分が決めれば、それが劇団の意思決定になります。

最後に3つ目。
柔軟な対応ができます。

例えば、「いいだ人形劇フェスタ」に参加したとき、
私は影絵劇で使用する人形を持って散歩に行っていました。
そうすると、とあるお母さんとお子さまに喜んでいただきました

もし大きな劇団なら、車の中に人形を置いているので、
人形を勝手に持ち出すなんてことはできません。
このような出会いもなかったのです。

でも私は1人で影絵劇団をしているので、
このようなことができました。

 

1人ですることはたいへんなこともありますが、
このようなとても大きなメリットがあるのです。

だから、たいへんでも1人でしています。

 

児童数の多くない小規模の(おおむね100名未満の)
小学校や保育園などで影絵人形劇の出張公演を承ります。
(大規模の場合は、2ステージ公演をオススメします)
お気軽にお問い合わせくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください