高圧的な人には相談したくない

影絵師・中小企業診断士として活動しています

どこか上から目線で、
どこか見下しているように感じたり、
どこか圧力を感じたりする人には
相談したくありません。

こういう人は、自分のほうが立場が上だ
ということを誇示したいのでしょう。

親と子、先生と生徒、上司と部下、
先輩と後輩、年上と年下、など
立場が明らかなものもあります。

だからといって、
上から目線で、見下して、圧力をかけて良いわけがありません。

同じ目線に立つように努めることが大切なのです。

全く同じ立場になったり、
その立場の感じ方、考え方を全て理解したりするのは無理です。

なぜなら、人それぞれ経験してきたことが違い、
感じ方、考え方も人それぞれ、
誰一人として同じ人間はいない、
みんな個性的だからです。

「あなたの気持ち、よく分かりますよ」
というのも嘘です。「よく」は分かりません。
よく分からないから、分かろうと努める、
同じ目線に立つように努めるのです。

「個性を大切にしよう」とすれば、
相手との接し方も変わってくるでしょう。

 

 

児童数の多くない小規模の(おおむね100名未満の)
小学校や保育園などで影絵人形劇の出張公演を承ります。
(大規模の場合は、2ステージ公演をオススメします)
お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください