誰かの見本になるために必要なこと

影絵師・中小企業診断士として活動しています

言葉と行動を一致させることです。

子どもや生徒、部下、後輩、年下などの
見本になりたいと考えている人は、
言葉と行動を一致させることを意識しましょう。

他人には「〇〇しろ!」と言っているのに、
本人はしていないなんて人は見本にできないですよね。

言っていることと実際の行動が異なっているところを
見本にされると嫌ですよね。

それなら、言っていることと実際の行動を一致させましょう。

また、相手の肩書きによって言っていることが違うのも
見本にはできないですよね。

子どもや生徒、部下、後輩、年下などの
見本になるためには、
まずは言葉と行動を一致させることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください