良い教師(大人)はコレが出来る!

こんな感じで影絵人形を操作します

良い教師(大人)は、子どもたち(生徒たち)と一緒に楽しむことができます。

500以上の小学校で巡回公演した経験から
私はこれが大切だと感じています。

体育館で影絵劇の上演をしたとき、
「子どもたちに見せておけばいいでしょ」
というような教師がいました。

体育館で影絵劇の上演を行うのですが、
スクリーン前に子どもたちを座らせて、
教師たちは後ろのほうに座って。
体育館なので結構な距離です。
中には、内職(テストの採点など)をしている教師もいました。

子ども(生徒)と大人(教師)の差をつけたがっているかのように感じました。
常に上から目線で、同じ目線に立つ気がないように感じました。

この気持ちは子どもたちに伝わります。
信頼関係は築けません。
信頼関係がないので、子どもたちを押さえつけようとします。
そして子どもたちとの心の距離がますます開くのです。

 

一方、良い教師の方は、一緒に楽しんだり、驚いたりします。
子どもたちと同じ目線に立とうとしています。
子どもたちは教師に心を開き、教師を信頼することでしょう。

同じ気持ちになることは難しいです。
感じ方、考え方に違いはあるものです。
だからといって、
最初から同じ目線に立つことをやめて、
パワーで押さえつけようとしても無理です。

同じ目線に立とうとする気持ちが大切なのです。

同じ目線に立とうとすると、
観劇の仕方も変わってくると思います。
その姿を子どもたち(生徒たち)は見ていますよ。

信頼関係はここから生まれるのです。

 

児童数の多くない小規模の(おおむね100名未満の)
小学校や保育園などで影絵人形劇の出張公演を承ります。
(大規模の場合は、2ステージ公演をオススメします)
お気軽にお問い合わせくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください