結論を急がないことが大切な時もある

結論を出すことは
早いほうが良いように感じますが、
急がないことが大切な時もあります。

相談に乗る場合、結論を急がない

相談に乗る場合、結論を急がないことを
心がけています。

「こうしたほうが良い」
と考えるのは私の意見であって、
相談者の意見ではありません。

相談者が自分自身で
「こうしたほうが良い」
と考えないと意味がありません。
こちらからの命令や指示になってもいけません。

とにかく話を聴く

だから、結論を急がないように心がけています。
とにかく話を聴くことに注力します。

相談者は話をすることで
整理できることもあります。
自分で考えることもできます。

結論を急ぎすぎると、
先入観や固定観念に囚われる可能性があります。

もちろん素早く行動することは大切ですが、
結論を急がないことが大切ときもあるのです。

影絵劇は、子どもたちと同じ目線でのんびり観てください

知っていることがあると、
つい「それ知っているよ、それはね…」
と言ってしまったりすることがあります。

影絵劇を観たときに、
知っているお話かもしれません。
舞台裏がどうなっているのか
分かるかもしれません。

ぜひお子さまたちと同じ目線で
影絵劇を楽しんでみてください。

新たな感じ方、考え方に気づくかもしれません。

こんな影絵劇にご興味がございましたら、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください