目標を設定するなら、高めに設定したほうが良い

目標の設定の仕方、目標のあり方
について考えてみました。

学生時代のテストを例にとると

例えば、
100点満点のテストで60点を目標にしていたら、
60点に届かないことが多いように感じます。

だから、
80点を目標にすると、
テスト当日に100%の力を出せなくても
60点に届く可能性が高くなるように考えるのです。

目標を達成することがゴールではない

ただ、目標を設定したために、
目的を見失うことがあります。
目的を見失うなら、目標は立てなくても良いと考えています。

目標は、字の通り「標(しるべ)」です。
ゴールではないのです。

目標を達成して喜びたいのなら、
低い目標を立てれば良いのです。

目標はあくまでも標、目安に過ぎないのです。
達成できたできなかったで一喜一憂していては体がもちません。

目的を見据えた目標設定でないと意味がないのです。

この観点からすると、
80点を目標にするのも良くないかもしれません。
目的が「留年しない」とか「合格する」だけなら良いですが、
「この分野でこんなふうに活躍したい」
などの目的がある場合は、
常に満点を目標にしたほうが良いかもしれません。

目標は目安です。
目先の目標にとらわれることなく、
目的に向かって進むことが大切なのです。

影絵劇で日本を元気に

私たちには
「影絵劇で日本を元気にしたい」という思いがあります。
その思いに向かって
できることをひとつずつしていこうと考えています。

こんな影絵劇にご興味がございましたら、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください