柔軟な思考を養うためには

いつもと違うこと、得意ではないこともやってみる。

いつもと同じこと、自分の得意なことは、
効率よく気楽に取り組めます。
一方で、あまり考えなくなり、
淡々と惰性で取り組む可能性もあります。

いつもと違うこと、得意でないことをするのは勇気が必要です。そのため、後回しになったり、
避けたりしてしまうことがあります。

でもそれでは思考が固まってしまう恐れがあります。
同じ枠組みの中でしか思考できなくなる恐れさえあります。

なので時には、いつもと違うこと、
得意ではないことに取り組んでみることをオススメします。

私の好きな卓球を例にすると、
同じスピードで同じコースに来る球ばかりに慣れていると、ちょっとタイミングを外されると対応できなくなります。

なので、練習のときはいつもと違うこと、
得意ではないことをしてみるのです。
そうすることで、だんだん柔軟に対応できるようになります。

柔軟な思考を養うためには、
いつもと違うこと、
得意ではないことをすることが大切なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください