志を持つことが大切な理由

私は「志」を持つことが大切だと考えています。
その理由について書いていきます。

「志」があると、判断基準が明確になる

生きていると、さまざまな意思決定の場面に出くわします。
単純なものから、複雑なものまで、本当にさまざまです。
過去に経験をしたことなら判断基準がありますが、
全てがそうであるとは限りません。
経験のないことの意思決定を迫られることもあるのです。

そんなとき、「志」「理念」「ビジョン」などがあれば、
「志」「理念」「ビジョン」に沿っているかが判断基準になります。
だから「志」を持つことは大切なのです。

「志」は、自分で決めることが大切

ただ、「志を絶対持たなければいけない」と言っているのではありません。
ここで大事なことは、「志」を自分で決めるということなのです。
親や上司、先生、年配者などに言われたことを
「志」にするというのはよくありません。
自分で決めないと、その志は本当にしたいことではないかもしれません。
本当にありたい姿ではないかもしれません。

だから「志」は自分で決めましょう。
焦って「志」を探そうとしなくてもかまいません。
その日その日を精いっぱい生きていれば、
「志」は生まれてくることでしょう。

誰もが志を持ちやすい環境になれば、
日本はもっと元気になると考えています。

先生方や親御様の皆さまには、
お子さまたちに「志」を持ちやすいようにいただければと思います。

自分で感じ自分で考える「影絵」

私たちの影絵劇は、参加型体験型で行っています。
お子さまたちに人形を持っていただくシーンがあります。
参加・体験していただくことで、
自分で感じて自分で考えるきっかけを提供できたらと考えています。

そんな影絵劇にご興味のございます方は
お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください