影絵劇は、影絵人形の大きさを知ることから始まる

影絵劇では、影絵人形の影をスクリーンに映して、お芝居をします。影のもとになる影絵人形のお話です。

影絵人形の大きさを知ろう

影絵人形にはさまざまな大きさのものや仕掛けのものがあります。
影絵人形の例はこちら

スクリーンの大きさや背景によって影絵人形の大きさは異なるのですが、この影絵人形の大きさを把握しておかないと、すばやく影を映し出すことはできません。最初のころは芝居に夢中になると、意外とおろそかになるのです。

影絵人形をスクリーンから離せば離すほど、影は大きく

影絵人形をスクリーンにベタッとつけると、影は影絵人形と同じ大きさですよね。影は影絵人形よりも小さく映ることはありません。影絵人形の大きさが一番小さな影の大きさです。

影絵人形をスクリーンから離していくと、スクリーンに映る影は大きくなっていきます。この位置に影絵人形を出せば、これくらいの影がスクリーンに映るということを把握しておくことが大切なのです。

まずは自分を知ること

影絵劇だけではなく、何事でもそうですが、まずは自分を知ることですね。自分を知らないと、何をすればいいのか、どのように対応すればいいのかが分かりません。まずは「自分を知ること」に注力することです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です