影絵は「想像力」を使う

影絵は「想像力」を使う

影絵の魅力のひとつは、「想像力」を使うことです。

影絵は「想像力」を使う

分かりやすい情報が溢れる時代だからこそ

パソコンやスマホ、タブレットの普及などにより、
分かりやすい情報があふれ、想像力を使う必要のない場面が多い昨今、影絵は想像力を使います。

例えば、手影絵でウサギを作った場合、
どこが耳で、どこが腕なのか、想像力を使います。

想像力を使うと、より楽しめる影絵劇

また、影絵劇の場合、登場人物の表情を想像することができるのです。ドラマや映画では役者さんによりイメージが固まります。でも影絵劇は、観客それぞれによって、感じ方、考え方が違うのです。
影絵劇は、観客のみなさまと作り上げるものなんです。

自分で感じ、自分で考えることを大切に

自分で感じ、自分で考えることは大切ですが、できにくい世の中だと感じています。周りの人と同じような考え方、行動をしないといけない、と小さいころから育てられると、大きくなった時に周りの目を気にして、自分は何をしたいのかが分からなくなる場合もあります。小さいころから自分で感じ、自分で考える習慣をつけたいところです。そんなときに「影絵劇」を利用できるのです。

ぜひお子様と一緒に想像力を使って影絵劇をお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください