多角的な視点を持ち、想像力を働かせると、もっと影絵劇を楽しめる

影絵劇は、多角的な視点を持ち、想像力を働かせると、もっと楽しめるのです。

影絵は、立体的なものを平面的にしたもの

影絵で使う人形や手などは3次元のものです。これらをスクリーンに映すので、観客から見えるのは2次元です。立体的なものが平面的に見えているのです。

影になっているものの形をイメージする

影絵を観たときに平面的な影しか見えていませんので、元の形、立体的なものを少し考えてみましょう。どんな形なのかな、どんな仕掛けになっているのかな、と想像してみると、影絵劇をもっと楽しむことができるのです。

一面だけではなく多面的に

影絵で見えているのは、一面だけです。そこを少し多面的に見てみるのです。普段の生活でもビジネスでも、同じことが言えます。多面的な視点で物事を見ることができたほうが楽しめます。悪いと思っていたことが、別の視点から見ると、良い場合もあるものです。

物事は一面だけではなく多面的な視点で見ることが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です