前サッカー日本代表監督・ハリルホジッチの一番の問題点

「日本を見下していたこと」だと私は考えています。

ハリルホジッチは選手時代、
ヨーロッパでプレーをし、
監督としても、実績があるのでしょう。

日本はW杯に6年連続出場といっても
サッカー先進国にはまだまだ及びません。

本人が意識していなかったとしても
日本をどこかで見下していたように感じます。

その結果、選手の考えをあまり聞かず、
選手に対して、自分の考えを押し付けたのではないでしょうか。

昨今の相撲やレスリング、アメフトなどの問題もきっとそうでしょう。
監督やコーチ、協会上層部が
プレイヤーを見下しているから起こったのでしょう。

実績や経験が上でも、相手を尊重する気持ちがないと
尊敬されません。

自分は尊敬されて当然だろうみたいな考えでは通用しません。

たとえ、親でも上司でも先生でも先輩でも年上でも
相手を尊重しないと、尊敬されません。

今一度、人間関係を見直してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください