個性は誰にでもある。個性の大切さを分かっているかどうかである。

趣味は卓球です。

「個性的な人はいいなー」
「私は個性がないもんなー」
と思ったことのある人もおられることでしょう。

でも、個性はない人なんていません。みんな個性的です。

誰一人、経験してきたことが同じ人はいません。
同じ地域で育ったとしても、
同じ学校に通ったとしても、
同じ会社で働いたとしても、
同じ家庭で育ったとしても、
目にしたものは違います。
耳にしたものは違います。
感じたことが違います。
考えたことが違います。

みんな、経験してきたことが違うのです。
経験によって今があるので、
みんな個性的なのです。
経験から個性が生まれるのです。

ただ、個性の大切さが分かっていない場合があります。
例えば、
大人だから、子どもだから、こう考えなければいけない。とか
男だから…女だから…
上司だから…部下だから…
先生だから…生徒だから…
先輩だから…後輩だから…
年上だから…年下だから…
などの枠組みで感じ方や考え方を決めてしまうと、
個性を出せません。

中には、相手に個性を出させないようにする人も少なからず存在します。
そのほうが自分が相手をコントロールしやすいから。

相手をコントロールしようとしたり、
相手の個性を出させないようにしたりというのは、
個性の大切さを分かっていないとんでもない例ですが、
「個性的な人はいいなー」「私は個性がないもんなー」
と思うのも、個性の大切さを分かっていないことになります。

誰もが個性的です。違う経験をしてきているのですから。

このことを分かっていると、
自分の個性も、相手の個性も大切なものだと思えることでしょう。

個性は本当にかけがえのない大切なものなのです。
個性を大切にしましょう。

 

児童数の多くない小規模の(おおむね100名未満の)
小学校や保育園などで影絵人形劇の出張公演を承ります。
(大規模の場合は、2ステージ公演をオススメします)
お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください