個性は他人と比べるものではない

今日は、「個性」についてのお話です。

良いことも悪いことも「個性」

個性とは、個々の性質のことです。
個性とは、独自のもの、独特のものです。
他人と比べるものではありません。

ですが、人は個性を他人と比べてしまいがちです。
「あの人より劣っている」
「あの人がうらやましい」などと考えてしまいがちです。
でも他人と比べる必要はありません。
個性なのだから。
良いことも悪いことも個性です。

短所と思えることも、長所になり得る

例えば、自分が優柔不断だと思っているとします。
「あの人は決断が早くていいな」
と考えることがあるかもしれません。
しかし、決断の早い人は、相手にも
早い決断を求めることが多いので、
相手に圧迫感を与える可能性があります。
この場合、優柔不断のほうが良いことになります。
また、優柔不断と言うことは、思慮深いと言えるかもしれません。

短所と思えることでも、時には長所にもなり得ます。
どんなものも個性なのですから、他人と比べることはありません。

個性を表現することを楽しみましょう。

影絵も個性が表れる

例えば、手影絵で「ウサギ」を作ったとします。
同じように作り方を覚えて、作ったとしても、
どこか違います。
たたずまい、雰囲気でしょうか。

指の長さや太さ、手の厚みだけではない違いが生まれるのです。

もちろん同じ影絵の人形を動かしてもそうです。

お子さまたちに影絵の人形を動かしてもらうと
いつも感じます。

私たちは、参加・体験型の影絵劇を行っています。

こんな影絵劇にご興味がございましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください